BLOG

七五三着付けヘアアレンジ。七五三日本髪

七五三の起源は?

平安時代の宮中で貴族階級の間で行われていた
「髪置の儀』(数え歳3歳の男女児)、『袴着の祝い』(5歳児の男児)、「帯解の祝い」(7歳の女児)にまでさかのぼります。

平安時代以降は農民のあいだでも子供の成長の節目を祝う風習が定着して、各地方特有のしきたりが完成されてきました。

これを『七五三』というそうです。

11月15日という日が選ばれたのは将軍綱吉の子、徳松の祝いに習ってのことだといわれます。

七五三は子供が元気に成長したことを祝い、感謝をする行事です。
3歳の男女児、五歳の男児、7歳の女児に晴れ着を着せて、近くの神社に参拝して、お祓いを受けるのが
通例で、帰りには千歳飴をいただきます。

九州では3歳は女の子のみが多いです。

そのあとは親しい身内などを招いてお祝い膳でもてなします。

福岡博多にはお子様用の祝い膳『ぽっぽ膳』といわれる御膳があるそうです。

地域によっていろんなお祝いの仕方があります。

関連記事

  1. 七五三着付けヘアアレンジ。七五三日本髪
  2. 佐賀福岡の結婚式の出張ヘアメイク着付け
  3. 成人式 振袖 ヘアメイク
  4. 結婚式引き振袖スタイル 和婚佐賀福岡ヘアメイク着付け杠(ゆずりは)

Translate:

PAGE TOP
Translate »