BLOG

入学式の着付け ヘアメイク着付杠(ゆずりは)佐賀

お子さまの入学式にはお洋服?お着物?

桜のつぼみもふくらみ始めました
新たな気持ちで入園式、入学式を迎えるお子さまとお母さまにとって
式典に着て行かれる服装はお子さま優先でお母様は後回しとなりがちです
スーツやワンピースもいいですがお着物姿も素敵です
入学式という晴れの日こそお母様にお着物はいかがでしょうか

入学式・入園式に着ていくお母さまの着物の種類は?

正式な場所に着ていく礼装の着物には場所にふさわしい着物の種類があります
格といわれるものです
入学式などの晴れの日に着る着物には訪問着、付け下げ、色無地などがあります
その中でも1番上されているのが訪問着、次が付け下げと色無地となります
家紋が付いている着物にも格付けがされており、5つの紋が付いている第1礼装から3つ、1つと準礼装の順番になります
入学式で紋付をお召しになる場合は準礼装の1つ紋の着物がいいとされています

訪問着とは

入学式、卒業式、お茶会などのセミフォーマルな場所に着ていく着物を訪問着と言います
年齢や結婚の有無に関わらず着れるので重宝する着物の一つです
付け下げとの違いは仕立ての工程の違いから始まり絵羽模様(絵柄が繋がっている)が特徴の着物です

付け下げとは

手間のかからない仕立ての違いから訪問着よりも格下とされてきましたが最近はほとんど訪問着との格差はなく気軽に着られる着物として好まれています
合わせる帯や小物使いによって着やすい着物の一つです

色無地とは

紋をつけない着物は町着感覚で着れる着物で、
紋をつけることによって訪問着と変わらない同格の着物として着ることが出来ます
3つ紋をつけると着ていく場所が限られてしまうので入学式などには略礼装となる1つ紋で十分です

江戸小紋

離れていると一色に見える着物で近くに寄ると細かい柄が入っている着物です。
小紋の中では最高とされる略礼装の着物となるため入学式などに着れる着物です
どちらにしてもお似合いの色合いの着物や柄をお召しになられていいです
がお子さまが主役だということで少し控えめなくらいが好印象でしょう

着物は目立ちすぎることはないでしょうか?

着物で出席すると目立ちすぎませんか?と心配をされてお洋服になる方も多いのは事実です
入学式などの正装をする場では着物は相応しい装いになります
なかなか着物を着る機会がないので、
お子様の晴れの日の行事には着物を着ていただきたいです
着物を着ることによってお子様との思い出作りも出来ますし、
入学式当日の忙しい日に着物を着るというお母様の気構えもお子様や周りの方々にも伝わります
式典の会場も礼装をお召しになっているお母様がいることでとてもいい雰囲気になります

関連記事

  1. 佐賀福岡の結婚式の出張ヘアメイク着付け
  2. 浴衣着付けヘアアレンジ付きレッスン佐賀
  3. 成人式 振袖 ヘアメイク

Translate:

PAGE TOP
Translate »